下顎骨スティック状骨切り術、頬骨アーチリダクション
本日ご紹介の患者さんはお顔の輪郭を整えたいとのご希望にて下顎骨スティック状骨切り術、頬骨アーチリダクションをお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。 (右下顎縁にオレンジ色の線があるのは「このように骨を切ります」とご説明した線です)
下段:術後2か月再診時です。
d0092965_20475216.jpg

術後抜糸後より左下顎が腫れ、エコーガイド下に穿刺したところ勢いよく血液が引けたため手術による外傷性動脈瘤を疑いましたが提携大学病院による血管造影精査では特にそのような所見はなくその後経時的に腫れは落ちつきました。

まあ満足(4/5)とのご感想でその後は順調な経過です。 現時点でかなり小顔になられラインも美しいですが輪郭手術の完成は約半年かかりますのでまたの再診をお待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_365214.jpg

長時間の手術ということでスタッフ皆の今半のお弁当の差し入れをいただきました。
恐縮です。  長時間のオペの後 皆でいただきました。 おいしかったです。  どうか御気を遣わないでください。  
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-09-24 02:01 | 美容外科
<< 他院乳輪縮小術後 再手術(若先生) 頬骨再構築法、 眉骨形成術 >>