乳頭縮小術(ITO法)術後1年半
今日は1945年 にGHQが事後法に基づいた戦犯容疑者39人の逮捕を指令した日になります。
ニュルンベルク裁判ならびに極東国際軍事裁判(東京裁判)で、1.平和に対する罪 2.戦争犯罪 3.人道に反する罪 という戦争犯罪が定義されましたがこれらは明らかに事後法であり米軍のベトナム戦争もイラク侵攻もこれらに抵触すると考えますが米国は裁かれません。

すなわち勝者国の都合による私刑であり国内法では犯罪者にならない方々を連合国側の価値観で日本人がやれA級戦犯だのB級だのといまだに糾弾しているのは情けなく思います。

日本は平和を希求する国とし人類の平和への英知としての国際司法裁判所がより機能するように国際的に働きかけていくことが望まれると思います。
ちなみに日本政府は竹島問題に関して1954年と1962年に2度、オランダ・ハーグの国際司法裁判所への提訴を韓国に提案したが韓国は応じていません。

日本政府は敗訴の場合「結果に従う」(小坂 善太郎元外相答弁)としています。

竹島の件に関しては大人の態度の日本の主権が韓国の実力行使といういわば狼藉によって踏みにじられないよう願っています。



本日ご紹介の患者さん は乳頭縮小術(ITO法:旧名 単純切除法)術後1年半の患者さんです。
上段:術前です
下段:術後約1年半再診時です
d0092965_0392086.jpg

キズ痕もまったくわからずバッチリとのことでした。
順調な経過です。



先日ご相談のメールをいただきました。

突然のメールで失礼いたします。 2008年に他院にて乳頭縮小の手術を受けました。 ですが大きさの変化はなく、傷跡だけが片側につき四箇所づつ大きく残ってしまいました。担当医に術後相談すると「授乳希望なら大きさはほとんどかえられない。傷跡の方は乳頭縮小の時と同額の金額を払えば傷跡修正できる」と言われました。対応に疑問を思ったので他院にカウンセリングも行ってみましたが乳頭縮小をされているクリニックは●●には少なく困っています。そちらのブログを拝見して、もしも再度、乳頭縮小術と共に傷跡も目立たなくなるような手術をしていただける可能性があるなら一度カウンセリングに伺いたいのですが? 私は●●在住で可能であれば新幹線で通院したいと考えています。乳頭縮小術の通院回数は単純切除法、LEWIS法では変わると思われますが大体何回くらいになりますか? あと出来ればSBM価格での手術を希望したいのですがカウンセリング時に希望を伝えれば良いのですか? 長文失礼いたしました。

お返事させていただきます
まずITO法なら確実に乳管機能を温存して小さくでき、かつキズ痕も通常はほぼわからなくなります。
欠点はまだ現時点では当院でも私しかできないことと、術後の出血が多いため翌日再診をしていただく目的で東京での一泊が必要となることです。
Lewis法は当院医師なら全員施術可能です。 出血量も少ないため当日帰宅が可能です。
欠点はサイズの縮小率にご不満をもたれる可能性がありうることと再度キズが気になりうる点です。

再診はITO法なら 翌日再診、約1週間後再診、一ヶ月後再診、三ヶ月後再診、半年後再診
Lewis法なら約1週間後再診、一ヶ月後再診、三ヶ月後再診、半年後再診 が通常の再診時期の目安です。
SBM価格はどなたでもお申し込みできます。 予約時に受付にお伝えください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-09-11 22:36 | 美容外科
<< 乳頭縮小形成術(ITO法) お... 眼瞼下垂修正術 >>