糸による乳房吊り上げ術  術後2年8か月
今日9月4日は1951年に9月4日から9月8日までサンフランシスコ市の中心街にあるオペラハウス(現在:War Memorial Opera House)において、全52カ国の代表が参加して連合国と日本との戦争状態を終結させるために講和会議が開催された初日になります。このサンフランシスコ平和条約にはソ連・ポーランド・チェコスロバキアの共産圏3国は講和会議に参加したものの、中国の不参加を理由に会議の無効を訴え、署名をしませんでした。


本日ご紹介の患者さんは約2年半前に当院にて糸による乳房吊り上げ術をお受けになられた患者さんです。
(2007年7月1日当ブログ記事掲載)

左:術前です。                     右:術後約2年8か月再診時です。
d0092965_0102645.jpg
d0092965_0103597.jpg
d0092965_0104769.jpg


糸による吊り上げ手術の利点は切る手術による引き上げに比較して傷が少なくて済む(傷は糸の出し入れがされた点のみ)点ですが欠点としては糸による刺入点の皮膚の引きつれが改善していくのに数ヶ月要する点が上げられます。 2年8か月経た現在も釣り上げ効果が維持されており順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0263353.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-09-04 00:09 | 美容外科
<< 人中短縮術(口内法)、上口唇縮小術 目の下のたるみ取り(経結膜下瞼... >>