フラクショナルレーザーによるキズ痕修正、いちご鼻治療
今日は1945年 ポツダム宣言受諾の決定を日本国民に知らせる昭和天皇自身に肉声によるラジオ放送(いわゆる玉音放送ぎょくおんほうそう)が行われた日になります。

未明にこのポツダム宣言の受諾に反対する士官達によるクーデター未遂事件(宮城事件)が鎮圧された上での放送でした。

天皇が御前会議での聖断によってポツダム宣言の受諾を決定し中立国を通して連合国に通告したのが8月10日、ポツダム宣言受諾が確定し受諾の詔勅が発せられたのは8月14日、軍隊への停戦命令が出されたのは8月16日、日本政府が降伏文書に調印したのは9月2日、ソ連との戦闘終結は9月4日であり8月15日今日は玉音放送の放送日にすぎないといえばそれまでですが玉音放送はそれまで正式に放送されたことのない昭和天皇の肉声による放送であり日本人にとっては衝撃的な放送でした。今日8月15日はお盆にあたることから死者の魂を追憶し供養すべき日として日本人の意識のなかに根付いてきた以上、先の大戦にて鬼籍に入られた方々の弔いを本日行うことは意味があることだと思います。

先の大戦に際し、海外の戦場で戦没された方々は、軍人・軍属で約210万人それに戦火に巻き込まれて死亡した一般邦人約30万人で、合わせて約240万人と言われています。

本日靖国神社を閣僚で参拝したのは野田聖子消費者行政担当相一人だけとは寂しい限りです。

一無名美容外科医である私は無名戦士として親しみを感じる無名戦没者のお墓である千鳥ヶ淵(ちどりがふち)戦没者墓苑からお参りにいきました。
d0092965_103379.jpg

今日は私のいった時間帯のせいか例年と異なり賑やかでした。
d0092965_10436.jpg

無名戦士の方々の御英霊も賑やかでよろこばれていると思います。
d0092965_105780.jpg


その後靖国神社に行きました。
d0092965_121138.jpg

こちらは多くの人々であふれ本殿に参拝するまで時間を要しました。

日本のために散華された方々に心より深謝いたします。


本日ご紹介の患者さんはキズ痕修正、いちご鼻治療目的にフラクショナルレーザー治療をお受けになられた患者さんです。

患者さんの鼻翼上部の傷を見たときに息をのみました。
d0092965_1505444.jpg

某形成外科准教授がかつての私の患者さんの鼻に作ったキズと似ていたからです。

学会での隠ぺい発表に始まり諸々のことで私は某大学形成外科・美容外科に対して不信および軽蔑の念を抱くようになりました。 形成外科と美容外科をとりまく政治的にどす黒い世界も見させていただきました。  

後医は名医という格言があるとおり前医の批判に通じるような行為をしてはいけないのにまだまだ人間ができていない私は思わず患者さんに「執刀医は誰ですか?」 と聞いてしまいました。
やはり切って縫って開いてしまったキズでしたが執刀医は幸いなことに彼ではありませんでした。

「四方の海 皆同胞と思ふ世に など波風の 立ち騒ぐらむ」

さてこの傷と鼻の毛穴の改善目的でフラクショナルレーザー治療を開始することとしました。

左:施術前です。                右:施術後1か月再診時です。
d0092965_275315.jpg

一回の施術でもかなりの改善がみられています。

施術後1か月再診時に2回目のフラクショナルレーザー治療を行いましたがその後3か月近く再診にいらしておりません。お忙しいとは思いますが私にとってこのキズは絶対よりよくしてさしあげたいキズです。またの再診を心よりお待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3354261.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-08-15 00:02 | 美容外科
<< 人中短縮術(口内法)、上口唇縮小術 頭蓋形態修正術: 絶壁 治療 ... >>