頬骨弓アーチリダクション、下顎骨スティック状骨切り術、顎先骨切り前方移動術、エンドタインSTリフト
今日は1942年のフロリダ諸島の戦いにて日本軍が玉砕し約1000名 の命がツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島、フロリダ島 にて散りました。 


本日ご紹介の患者さんは顔が大きく見えるので全体的に小顔にしたい、頬がたるんでいるので改善したい、横顔からみて美しくしたい(E-lineを作りたい)とのご希望にて頬骨弓アーチリダクション(頬骨弓前後骨切り術)、下顎骨下縁骨切り術(スティック状骨切り術)、顎先骨切り前方移動術、骨膜下エンドタインSTリフトをお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後6週再診時です。
d0092965_216233.jpg

顎先からすっきりVラインシェイプができて上品ないい感じです。
まだ腫れていてぽっちゃり感はありますのでもう少し腫れが引くまで待ちましょう。
輪郭手術の完成は約半年後になります。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_22143.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


初回輪郭手術再診(約2年4か月後)時はこちら(2011.12.10日付追記)
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-08-08 00:00 | 美容外科
<< フラクショナルレーザーによる肌... 上顎、下顎同時セットバック(歯... >>