頭蓋骨骨形成術(前頭骨骨削り術)
本日ご紹介の患者さんは数年前他院にてある部位の顔面骨切り術や約1年前に他院にて約150万円かけて額を引っ込める手術をお受けになられた既往がある患者さんです。 今回、額の骨切り手術の結果に満足できずもっと骨切り、削りを行いたいとのご希望にて私のカウンセリングにいらっしゃいました。

診察所見上確かに額は垂直にきりたっていますが特段変な風貌でもありませんし、かなり私も強固に反対申し上げましたが「どうしても!」とのご希望にて額をひっこめるべく頭蓋骨骨形成術を行いました。

上段:術前です。 気になるでっぱり箇所を赤線で強調しています。
下段:約半年再診時です。
d0092965_23524579.jpg

順調な経過です。

4月末日には他の部位の骨切りをしたいとお電話をいただきカウンセリングのキャンセル待ち登録をされていましたが申し訳ありませんでしたが予約をおとりして差し上げることができず今回再診時に約一か月前にすでに他院で頬骨と顎の骨切りをされたとのことでした。 その仕上がりも順調だと思います。 でも「もっともっと小顔にしたい。できればもっと額も削りたい。 そしてエラ~顎先までがっつりスティック状に骨切りしてください。」とのことでした。

正直いってやる必要ないと思います。 堪忍してください。 「またカウンセリングの予約とりまっスから」と爽やかな笑顔でお帰りになられました。


最近私の予約の混雑のためにカウンセリングのご予約をお取りして差し上げることができなかったりカウンセリング~手術までかなりの日数を要するケースが非常に増えています。
日本の美容外科医療の充実・発展のために私の技術・知見を当院の理念に共感して集ってくださった若先生博士先生名古見先生と共有し、より優れたものへ発展させていくべく努力いたしますので各先生方への御依頼を考慮してくだされば幸いです。

また心技共に御指導下さっている勝間田先生をここでもご紹介させていただきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-07-23 23:33 | 美容外科
<< 脂肪移植豊胸 美容形成外科後遺症:ルフォーⅠ... >>